赤ちゃんと楽しむ家族旅行は、安心最優先で出かけたい!

赤ちゃんと楽しむ家族旅行

赤ちゃんとの旅行では食事やお風呂、周囲に迷惑をかけないマナーについて悩みは尽きませんが、そんな時は赤ちゃん連れに優しい“ウェルカムベビーのお宿”や赤ちゃん連れ歓迎の旅館やホテルを選ぶのが良さそうです。家族みんなへの快適なおもてなしのうえ、赤ちゃんに心強いサポートも受けられて頼もしい限りです。託児所やベビーシッターサービスがあるお宿もあるので、心強さも倍増です。

家族旅行おすすめプラン

月齢、体調……赤ちゃん旅行のいろいろな気がかりをすっきり解決!

赤ちゃんとの旅行で一番気になるのは、月齢のこと。一般的には首座り完了後の生後4ヵ月から可能という見方が多数ですが、無理はさせすぎないようにしてください。機嫌の確認を最優先にすることが大切です。

赤ちゃんの生活リズムをキープするために、深夜や早朝、またはお昼寝タイムなど、睡眠時間をうまく使い移動にあてるのもいいアイデア。食事とお昼寝をいつも通りにすれば、旅先でのお世話もスムーズにできます。

赤ちゃん優先のお世話ができるお宿は、小さな子ども連れの家族が優しいサービスを受けられる“ウェルカムベビーのお宿”がおすすめです。お世話のしやすさに加えて託児所があったり、ベビーシッターサービスがあったりして、パパとママの安心にも一役買ってくれます。ベビー用品の貸し出しが豊富なのも助かりますし、子連れのお客さんが多いので、マナーを気にする親心が分かり合えるのも嬉しいところです。家族が満足するってこういうこと、そんな希望通りの旅が楽しめます。


赤ちゃん旅行に助かるこんな持ち物、あんな裏ワザ

子どものおもちゃは、周りの方へのマナーに配慮して音の出ないタイプが理想です。絵本や塗り絵、小さなブロックなどは狭いスペースで遊べるので便利です。
服を汚したり、オムツやミルクが足りなかったりなど予想外のトラブルは、宿泊日数+1~2泊分の備えでスマートに切り抜けましょう。

あれもこれも足していくと、荷物はどんどんかさばりますが、あらかじめ空港や宿に発送しておくのもいい方法です。子育てファミリーが安心して宿泊できる “ウェルカムベビーのお宿”認定の施設であれば、プラン内で配送できる場合もあります。

他にも、この“ウェルカムベビーのお宿”には嬉しい工夫が満載です。安全性の高い家具の配置や、アレルギー対応の離乳食・幼児食の用意、キッズルームやベビールーム、赤ちゃんや子どものための備品の準備など気の利いた計らいがされています。どんな年齢の子どもでも楽しく過ごせる安心感があり、親子のとっておきの時間を心地よく過ごせることでしょう。


赤ちゃん旅行を満喫する、大事な5ポイントをチェックしよう!

1.赤ちゃん連れであることを伝えよう…宿や交通機関では優先的にサービスを受けられることがあるので、ご厚意に甘えてみましょう。

2.物は近くに置かないようにしよう…乳幼児は何でも触りたがり、口に入れたがります。貴重品や破損しそうな物は手の届かない場所へ除けましょう。

3.マナーを意識しよう…公共の場やお店では、騒がしくするかもしれない旨を伝えたり、赤ちゃんの睡眠時に合わせて利用したりするなど工夫をしましょう。

4.ベビールームを見つけておこう…旅先では授乳室探しやオムツ替えのスペース探しに手間取りやすいため、事前にチェックをしましょう。

5.大らかに構えよう…大人の不安を感じ取りやすい赤ちゃんのために、予定通りに行かなくても「ま、いいか」と気持ちを切り替えましょう。

This image has an empty alt attribute; its file name is title_petit_information.jpg

ママ・パパに優しい&子供も大喜びの家族旅行の選び方を教えます!!

ちょっぴり不安な子供連れ旅行。移動時間が長くなりがちな旅行も、マナーとポイントを押さえれば快適な家族旅行に変わります。飛行機や電車の快適な移動方法もご紹介。

家族旅行人気のエリア

四季を感じる家族旅行