2020年のゴールデンウイーク 日付をクリックして空室検索!

ゴールデンウィークの沖縄の平均気温は、24~25℃。暑い日は30℃になることも。3月~4月に海開きするため、マリンレジャーが楽しめて、台風の心配もありません。例年、梅雨入りはGWが過ぎてからなので、GWの沖縄は一年のうちでもっとも過ごしやすく、夏を先取りできます。沖縄には数え切れないほど観光スポットがあるので、移動手段は自由に動き回れるレンタカーがおすすめです。

GWにおすすめしたい、こだわりの観光スポット

見どころの多い沖縄には、定番の観光スポットをはじめ、あまり知られていない穴場スポットがいろいろあります。沖縄の歴史や文化に触れる、こだわりの観光スポット巡りも楽しいものです。

<琉球村>
沖縄各地に残された古民家を移築。琉球王朝時代にタイムスリップしたような、昔の佇まいを再現した民俗村です。のどかな風景が広がる村内には水牛がいたり、軒下に泡盛のカメが積んであったりと見どころ満載。沖縄の文化に触れられる各種体験工房があるほか、伝統芸能エイサーのショーや沖縄のパレード「道じゅねー」なども楽しめます。

<コザゲート通り>
嘉手納空軍基地の第2ゲートへ続くコザゲート通り。英語の看板を掲げた、アメリカ兵向けのショップやレストランが建ち並び、異国情緒が漂います。タイやインドから直輸入したリーズナブルなアイテムも豊富。ショップによっては価格交渉もできるので、興味のある方は行ってみてはいかがでしょう。

<ブセナ海中公園 海中展望塔&グラス底ボート>
海の透明度の高さで知られるブセナ岬の沖合170mにある、沖縄本島唯一の海中展望塔。らせん階段を下りると、そこは360度の海底パノラマが広がり、色とりどりの熱帯魚が迫ってきます。また、展望塔手前の桟橋からクジラ型の可愛いグラス底ボートが運航し、人気を集めています。

話題のマリンレジャーにレッツ・トライ!

沖縄の海開きは3月~4月なので、GWは海水浴をはじめ、ダイビング、シュノーケリングなどのマリンレジャーが目白押し。ビーチでくつろぐのんびり派、マリンスポーツにトライするアクティブ派、ファミリー、カップル、それぞれお好きなマリンレジャーを心ゆくまで満喫してみませんか。

<フライボード>
CMで話題になった、水圧で空を飛ぶ新しいマリンスポーツ。水上バイクの噴射の力を利用して空中へ飛び上がり、散歩します。それほどむずかしくなく、10~15分の練習で飛べるようになり、慣れてくると約10メートルの高さのところで上下左右自在に動くことができます。

<ラフティング>
ラフトと呼ばれる4~8人乗りの特殊なゴムボートに乗り、みんなで力を合わせて急流を下って行きます。流れのおだやかなところはボートを流れにまかせ、沖縄ならではの熱帯雨林をのんびり眺め、流れの早いところはインストラクターの指示に従い、パドルを操作。スピード感と迫力が魅力です。

<体験ダイビング>
沖縄の美しい海でダイビングしてみたいけど不安を感じる方、もしくは未経験の方でも簡単に参加できるのが体験ダイビング。ライセンスがなくても、インストラクターと一緒にマリンブルーの神秘的な世界を体感できます。必要なのは、水着とタオルだけというショップがほとんどです。

<シュノーケリング>
シュノーケルとマスクとフィンを身に着けて、水面または比較的浅い水中を遊泳するシュノーケリング。ライフジャケットを装着しますので、泳ぎの苦手な方や子どもも安心です。家族だけなど少人数でも教えてもらえるショップが多く、気軽に海中観察が楽しめます。

その他のおすすめ特集

 

目的別のご案内

行先のご案内