Agoda Hero Banner

「民宿・ペンション・貸別荘」湯沢の宿・ホテル・旅館

民宿・ペンション・貸別荘を宿名などで検索!さらにコテージ、ロッジ、プチリゾート、オーベルジュ、ドミトリーも多数ご紹介。民宿・ペンション・貸別荘の宿泊予約は【るるぶトラベル】



「民宿・ペンション・貸別荘」湯沢の宿・ホテル・旅館

にしのや (Nishinoya)
にしのや (Nishinoya)
自家栽培の魚沼コシヒカリでおもてなし。冬のウインターレジャー、夏は学生合宿(専用体育館あり)にご利用ください。
《アクセス方法》
JR上越線越後中里駅~徒歩(約5分)
湯沢 玉城屋 (Yuzawa Tamakiya)
湯沢 玉城屋 (Yuzawa Tamakiya)
田舎のおばあちゃんちに帰ったようにくつろげる。できたての欧風家庭料理と田舎山菜料理でおもてなし。活性石温泉は貸切入浴OK!(平日)
《アクセス方法》
越後中里駅から徒歩30秒。越後湯沢駅までの送迎もしております。(要予約)各スキー場への送迎も有。(岩原、かぐら、ガーラ等)湯沢ICからは約8分です。
温泉民宿 高野屋 (Takanoya (Iwappara))
温泉民宿 高野屋 (Takanoya (Iwappara))
湯沢収穫の特別厳選南魚沼産コシヒカリと『湯沢田舎料理』『こしひかり団子鍋』が大好評!総石造りの温泉浴場は一晩中入浴OK!
《アクセス方法》
※越後湯沢駅より無料送迎有り。(越後湯沢駅到着時にお電話下さい)2名様以上から宿の送迎車にてお迎えに上がります。但し8:30~17:30の間とさせて頂きます。上越線「岩原スキー場前」駅から徒歩5分。
ロッヂ 山びこ (Lodge Yamabiko)
ロッヂ 山びこ (Lodge Yamabiko)
ゲレンデまで2分の好立地。豊な自然に囲まれ心も体もリフレッシュ。新潟の地酒多数とりそろえております。
《アクセス方法》
湯沢I.C降りて、岩原スキー場方面へ。
添路 (Soiji)
添路 (Soiji)
ゲレンデ内宿ロッヂ添路の目の前には、ちびっ子ゲレンデと岩原中央クワッドリフトがあります。眺望も良く、使い勝手が大変便利な宿です。
《アクセス方法》
新幹線でお越しのお客様は、岩原スキー場行のシャトルバスをご利用下さい。シャトルバスが運行していない時間帯のお着きのお客様は事前にご相談下さい。ゲレンデ内宿ですので、荷物の多い方は宅急便で送って下さい
湯沢ロッヂ政エ門 (Yuzawa Lodge Masaemon)
湯沢ロッヂ政エ門 (Yuzawa Lodge Masaemon)
アットホームな宿。町共同浴場(駒子の湯)徒歩100メートル。
《アクセス方法》
JR上越新幹線越後湯沢駅→徒歩約15分またはタクシー約3分
Kagura White Horse Inn (Kagura White Horse Inn)
Kagura White Horse Inn (Kagura White Horse Inn)
かぐらみつまたスキー場から徒歩1分半!キッチン、お弁当、軽食とおいしい地酒、おつまみなどの販売もあり、リーズナブルに自由に満喫できます♪
《アクセス方法》
かぐら・みつまたスキー場より100m。電車:越後湯沢駅下車(上越新幹線) バスは駅東口より20分 かぐら・みつまたスキー場前下車100m。 お車:関越自動車道 湯沢IC出て信号左折し9km(約10分)
ロッヂ エルブロンネ (Lodge Helbronner)
ロッヂ エルブロンネ (Lodge Helbronner)
かぐらみつまたスキー場徒歩5分。ヨーロッパ風民家をイメージした暖かな館内。スキールームも完備。温かい手料理とおもてなしでお待ちしております!
《アクセス方法》
関越自動車道湯沢ICより国道17号を苗場方面へ約7km。みつまたステーション手前、国道17号沿い右側。JR越後湯沢駅まで送迎あり。※都合により出来ない場合があります。直接お問い合わせください。
えびすや旅館 (Ebisuya Ryokan)
えびすや旅館 (Ebisuya Ryokan)
ゲレンデまで徒歩1分!目の前に銀色の雪景色が広がります。朝チェックインOK、チェックアウト後も休憩・入浴OK!2日目もスキー・スノボを満喫!
《アクセス方法》
関越自動車道・湯沢ICよりお車で約6分。JR越後湯沢駅よりシャトルバスで約8分です。
神楽ハウス (Kagura House)
神楽ハウス (Kagura House)
三俣神楽スキー場ゴンドラまで徒歩5分、三俣中央バス停まで徒歩1分。格安リフト券とレンタル有り。温泉「街道の湯」、三俣道の駅までアクセス良好。
《アクセス方法》
神楽ハウスは成田空港から車で約3~4時間の距離にあり、越後湯沢から路線バスで約18分の距離にあります。三俣中央バス停まで徒歩約1分です。

湯沢をさらに冒険しよう